HOME

社員の声

営業職厳しい状況の中で、最終的に商談を勝ち得たときはやはり、やりがいを感じますね。

Q. 出身の学部(研究課)・学科(専攻)を教えてください。

工学部機械システム工学科出身で、キャリア採用で入社しました。

Q. 入社前のサイバネットシステムのイメージは?そして入社後の実感は?

私はもともとエンジニア出身なのですが、サイバネットシステムはどちらかというと、営業的な要素が強い会社だなと思いました。この業界は技術的な要素を全面に出している会社が多いのですが、サイバネットシステムには営業という面が出ているイメージを抱いていました。具体的に言うと、マーケティングがしっかりしていて、効果的な広告を打ち、積極的にプロモーション展開しているというイメージです。入社後はセミナーの数も豊富で、技術的な面もしっかりしているという印象を持ちました。

Q. あなたの現在のお仕事は何ですか?

営業として顧客を訪問して製品を紹介したり、担当製品のセミナーを手がけたりしています。顧客のところへは技術スタッフと同行し、デモンストレーションを行ったり、使い方などを説明したりしています。担当する顧客の業界は自動車や重工業などが多いですね。またグループマネージャーとして、自分のグループのマネジメントも行っています。

Q. 苦労や大変さを含め、仕事の魅力ややりがいを教えてください。

スタッフのやる気やモチベーションを高め、グループのミッションに導くのが大変です。動機付けさせるという点が一番難しいですね。このため、毎日のコミュニケーションとケアには気を配っています。一方、商談にはいろいろなケースがあるのですが、厳しい状況の中で、最終的に商談を勝ち得た時はやはり、やりがいを感じますね。また、顧客とコミュニケーションを図り、強固な信頼関係を築けた時、この仕事の魅力を感じます。

Q. 学生時代の研究・勉強はどんなところで役立っていますか。

学生時代はアルバイトに精を出しており、試験前になると必死に勉強するというパターンでした。しかし、そのときの色々なアルバイトでの体験を通じて対人関係の大切さを学びました。現在の仕事に必要である“人とのコミュニケーション”という意味ではとても勉強になったと思っています。

Q. 仕事をする上で「こだわり」や「信条」はありますか。

最後は顧客との信頼関係だと思いますので、誠意を持って真摯に接することを大事にしています。正直に向き合う、ということでしょうかね。以前に在籍していた会社で成績の高い先輩が身近にいたのですが、この方の成績の秘訣は、信頼関係によるところが大きいと感じました。その頃から正直に接して、誠心誠意付き合うようにしています。

Q. 専門スキルはどのように身に付けていますか。

基本的にはテキストや専門誌などで独学しています。必要に応じてマニュアル等を見ながらオペレーションを行い、その製品に関する知識を深めています。社内の研修では「マーケティング」や「人的資源管理」といったテーマのセミナーも受講しました。英語に関しては週1回、個人的に英会話の教室に通い、外国人との会話を楽しんでいます。また、昔は先輩に同行して、自分なりにいろいろな営業スキルを吸収しました。

Q. サイバネットシステムの強みと弱みを教えてください。

弊社は様々なプロダクトを扱っており、CAEの分野でここまでやっている会社はありません。これは大きな強みでしょう。また、顧客に提案するソリューション能力も非常に強いと思います。従来はプロダクトセールスで通用していましたが、今はもう、プロダクトセールスが通用しない時代になってきており、これからは優れたヒアリング能力と提案能力が必要になってくると感じています。弊社はメジャーなソフトを幅広く扱っていますので、その点では非常に提案しやすい環境にあるでしょう。
弱みは実際のものづくりの知識や経験が少ない点だと思います。こうした知識がもっとあれば、さらに深い提案ができると思います。今後は各個人に、ものづくりに関する知識がもっと必要になってくるのではないでしょうか。

Q. 休日や長い休暇(オフタイム)はどのように過ごしていますか。

散歩やゴルフ、ショッピングなど外に出ることが多いですね。散歩は自転車に乗り、近くの公園などへサイクリング気分で出かけます。自転車での散歩は行動範囲が広くなりますし、リフレッシュもできるので良いですよ。ゴルフは仕事上というよりも個人的な趣味です。会社のサークルに参加して、できるだけ年3回ほどある社内コンペにも参加するようにしています。